ひきポス -ひきこもりとは何か。当事者達の声を発信-

『ひきポス』は、ひきこもり当事者、経験者の声を発信する情報発信メディア。ひきこもりや、生きづらさ問題を当事者目線で取り上げます。当事者、経験者、ご家族、支援者の方々へ、生きるヒントになるような記事をお届けしていきます。

第2回HTBP(第1話)「あなたはどんな魅力を引き出して、何になりたい?」

更新情報が届き便利です。ぜひフォローしてみて下さい!

Twitter / Facebookページ

手にとって読める!ひきポス冊子版 創刊号発売中!

本記事の目次

 

続・「印象力アップ」には高い関心とニーズがある

1月30日、我孫子の美容室『アブニール』にて、「第2回ひきこもりトータルビューティープロジェクト(以下、本イベント)」が行われました。
参加者は、ヘアスタイリングのプロである吉澤智洋さんと、トータルコーディネートのプロである河面乃浬子さんによるスタイリングを受けます。

 f:id:Longrow:20180305003822j:plain  f:id:Longrow:20180116215506p:plain

◆(左)内面の魅力をヘアスタイルで「可視化」するプロ ヨッシーこと吉澤さん。
◆(右)次々と内面の魅力を引き出すプロのスタイリスト乃浬子さんの「乃浬子マジック」

 
前回記事では、NHKのビデオ「ひきこもりからの回復」について、「印象力アップ講座」の巻が非常に多く貸し出されたというお話をしました。それによって「印象力アップ」がひきこもり当事者・経験者・家族から深い関心を持たれていることが分かり、そのような関心とニーズに応えようという想いから、本プロジェクトが立ち上がったのです。

安心感なくして魅力は引き出せない 

さて、今回会場の『アブニール』。本イベント当日の場づくりについて、私が改めて気づいたことをお伝えしようと思います。突然ですが、下の写真をご覧ください。

f:id:Longrow:20180302235454p:plain

美容室「アブニール」のエントランス

とてもきれいです。きっと、このエントランスから出てくるときには素敵な髪型になっていることでしょう。しかし想像してみてください。もしあなたや誰か他の人が、ひきこもって辛さを感じているとき、この門をくぐるのは簡単なことでしょうか。6年前の私だったら、それは相当に高いハードルだったと思います。

しかし本イベントの実施日である1月30日なら、この門をくぐるハードルはかなり下がっていたと感じます。なぜ?

それは本イベントのために『アブニール』を貸し切りにしたこと。アブニール内にいるのは、ひきこもり経験のあるプロフェッショナル・吉澤さんと乃浬子さん、ひきこもり当事者・経験者である参加者の皆さんのみ。このように、「店に行ったときの居心地の悪さ」をできる限り排除したことが理由の1つです。
例えば髪を切りに行ったとき、「お仕事は何されてるんですか?」「どんな髪型がいいでしょう?」と聞かれたことはありませんか?私はそれを受けて「うっ…」となり、胸がつかえるような感覚を味わったこともあります。


しかし吉澤さんはそのようなポイントをきちんとおさえ、しゃべらなくてもOK、でも気楽にやりとりできる自然な雰囲気でいます。その中で美しいスタイルを作る。これ一つとっても、ヘアスタイルの魅力を引き出すことにおいてプロフェッショナルだということはよく伝わってきます。


ですがやはり、特に外に出ることが簡単ではない方にとっては、当然、本イベントに足を運ぶことにもハードルを感じるでしょう。あるいは我孫子まで来ても、アブニールの門を前にして引き返す方もいるかもしれません(※2013年の私は、そのようなことを何回か経験しました)。

本イベントは第3回以降も実施される予定で、多くの方が参加しやすいよう工夫を重ねていくでしょう。本プロジェクトが続き、協力してくださる方が増えていけば、多様なアプローチができていくのではないかと思います。

もし今現在、本プロジェクトに参加できない・でも参加してみたいという方がいらっしゃったら、今後の本プロジェクトの展開に注目していてください。

私たちには特権がある(1) 「人間」には特権がある

さて、それでは本イベントの内容についてお話します。

「内面の魅力を引き出し、外見に反映させ、さらにそれを内面に影響させる」。繰り返しになりますが、これは本プロジェクトで一貫して語られることです。その真髄の一端は、前回記事で紹介されています。ぜひお読みになって、触れてみてください。

そしてこの外見と内面の相乗効果を起こすことは、「全生物の中で唯一、人間という種に与えられた特権」だと乃浬子さんは語ります。世界には人間以外にも、着飾ったり体色を変えたりする生物はいますが、「外見と内面の世界をつないで相乗効果を起こす生物」は多分人間だけじゃないでしょうか?

f:id:Longrow:20180303002448j:plain


そう、我々は他の生物には与えられていないこの特権を持っているのです。この特権は、私たちがひきこもりであるかどうかの以前に、人間として等しく平等に授かったもの。そしてきっと多くの人には、在りたい姿がある。そのためにこの特権を活かそうというのも、良い選択肢の1つだと思います。

 

私たちには特権がある(2) 「あなた」には特権がある

私たち人間には特権がある、そして、それを活かすことは有効な方法の1つでしょう。では、私たち人間の持つ特権の活かし方は、みな同じなのでしょうか?
いえ、実はそうではありません。
個人によって、「十人十色」その特権の活かし方は変わるのです。

その個人の特権を活かすためのあるプログラム(以下プログラムA)が、本イベントの冒頭で行われました。少しお話させてください。

まず、参加者それぞれに下の写真のような1枚の紙が配られます。ざっくり説明すると、『真面目』『情熱的』『リラックス』のような、人の性質を表すワードが数十個散りばめられている紙、です。基本的にネガティブな性質のワードはありません。

  f:id:Longrow:20180306024646j:plain f:id:Longrow:20180306024657j:plain


これを使って実に面白いことを行います。例えば、それを行うのがLさんだとしましょう。

まずLさん自身が、その数十のワードの中から3つほど、「自分の特性を表していると思う言葉」を選びます。例えば著者である私が選んだのは、『真面目』『誠実』『シンプル』でした。 
そして次に、他の参加者の皆さんが「これがLさんの特性じゃないかな、と感じる言葉」を色々選んでいきます。「Lさんって『穏やか』な雰囲気が出てますよね」「『表情豊か』って感じがします」、等々。


当然Lさんと初対面の方もいらっしゃいます。初対面の方から正真正銘の第一印象を聞くことなんて、日常でほとんど経験しないことでしょう。それもあって、自分の魅力となるかもしれない特性を先入観なしで見ることができる!気づきが多く、楽しく、そして考えさせられる時間になりました。

(※話が逸れますが、まず100%お褒めの言葉が並ぶことになるのでなかなか気持ち良いです。人間は褒められるのが好きな生き物ですから笑)。

私の場合、皆さんからは『真面目』『誠実』など、自分でも納得する言葉が多く出ましたが、意外なところでは『ロマンチスト』なども出ました。
「なんででしょう?」と聞くと、「理科が好きって仰ってましたし…だから宇宙とか好きそうだなーって」と。なるほど、自分では気づかないことも出てくるものですね。
 

さてここからが、このプログラムAのクライマックスです。
乃浬子さんからLさんに、1つのシンプルな問いが投げられます。

「あなたはどの言葉を選び取りたい?」

あなたはどんなあなたで生きていきたいか?という問い。
私の『主観』で選んだ3つのワード、他の方々が選んだ『客観』の10ほどのワード。『客観』のワードには、自分が持っていないと思っていた特性も含まれていました。
そのおよそ13個から、自分が何になりたいか…

私は『ロマンチスト』を選びました。
自分がひょっとしたら隠していたものが、表に出てくるかもしれない。実はロマンチストを内面から出した自分は、今までにない姿になっているかもしれない。
その期待が、『誠実』や『シンプル』を上回ったのです。

自分がどう在りたいか、を選ぶ。
ヒトという種を超えて、一個人として与えられた特権。
「『私』に与えられた特権があるんだ」ということを意識することが、私の可能性を広げるキーになる。これが、第2回トータルビューティープロジェクトのメッセージの1つなのだと私は感じました。

『主観』は『客観』に追いつく

私は自ら『ロマンチスト』という表現を選び取りました。それを外見に表して内面との相乗効果を起こすという、私に与えられた特権を存分に楽しもうと思いました。

…とはいえ、ですよ。

私は「『ロマンチスト』を押した感じのスタイリング・コーディネート」を受けましたが、そこにはやはりというべきか、違和感を感じました。
無理もない。今までそんなコーディネートをしたことがなかったからです。

正直に言うと、「え、この格好、大丈夫?」と思いました。参加者の皆さんは「さっきまでと違う、いいね!」と仰るのですが。

 

f:id:Longrow:20180303003933p:plain f:id:Longrow:20180303003938j:plain

◆(左)ヨッシーこと吉澤さんによるヘアカットと、全体のイメージを描く乃浬子さん
◆(右)宇宙について語る(本当)、ロマンチストのLongrow(※Longrow=ロングロウ、本記事著者)
 

そして本イベントのメッセージその2は、まさにこれだ、と感じました。「違和感」。その正体である『主観』と『客観』。これらの重要な関係を認識すること

 

皆さんは、「自分の考えていた『私の魅力』(主観)」と、「他の人から見たときの『私の魅力』(客観)」、それが案外違っていたという経験、ありませんか?
力以外でも『強み』『弱み』『得意』『性格』等々でこのギャップを経験したことが、きっとあるのではと思います。


そして私のように、その主観と客観の違いをアタマでは受け入れつつも、心が納得していない感じがする、そんな経験をされた方も多いのではないでしょうか。ですので、特権を使って外見の変化を楽しもうにも、何かしっくりこないな…と感じることだって、きっとあるかもしれません。


それについて、乃浬子さんはこう考えています。

『客観主観という違う二つの視点が融合していくんです。違和感というのは、まだ主観が客観に追いついていないから起こることが多い。新しいことにトライして違和感を感じたら、それは『まだ自分の主観が客観に追いついていないんじゃないかな』という視点を持ってみてください。主観が追いついた時、客観はあなたの『腑に落ちて』、あなたの新しい魅力の1つへと昇華するんですね。」

 

何かを始める時は、やりすぎくらいがちょうどいい

それに加えて、乃浬子さんからこんな一言が。

「物事を始める時、『やりすぎくらいがちょうどいい』んですよ!」

 下の写真は、本イベントで行われた「ウォーキング」。姿勢によってもたらされる美しさは、衣服や髪型から得られる美しさ以上に効果があるといいます(しかも0円!)。その大切さを伝えるために、本イベントにはこのようなプログラムも組み込まれていました。


f:id:Longrow:20180303014539p:plain

 

これが最初は、なかなか難しい。
コツというかやり方はあるのですが、気が付くと「いつもの姿勢」に戻ってしまう。私
は最初、まるでロボットのような歩き方をしていました。そして初めてプールを体験した幼児のように、戸惑いとちょっとした恐れが襲ってくる。

 それを見た乃浬子さんの言葉が、冒頭の、「やりすぎくらいがちょうどいい、あなたはロボットから始めて全然OK」なんです。

やりすぎるからこそ、自分が軌道修正するところが見つかりやすく、多くの学びが得られる。もちろん危険なことをやりすぎる必要はないと思いますが、もし「こうなりたい」と思うことが出てきたとき、やりすぎくらいから初めてみると、「こうなりたい」に早く到達できるかもしれないなと、私は思います。

「こう在りたい」という指針が見つかったら、後は日々淡々と意識の積み重ね、「ローマも美も一にしてならず」、そのうち無意識に変わっているから、っと乃浬子さん。

この積み重ねを継続すること、出来る人もある程度いるかもしれません。しかし僕にとっては難しいことでした(宿題は8/31にまとめて終わらせてましたし)。
ただ、「たまに気づいたら、思い出す」を継続するのは、そんなに難しくないかもしれないなと感じます。
そして「たまに」の頻度を上げ、「思い出す」を「思い出して積み重ねの行動をする」にレベルアップできたら、いつの間にか「美」が勝手に出来上がっているんじゃないかなと思います。

 

 

第1話の終わりに

さて、第2回トータルビューティープロジェクトのご紹介、第1話はここまでです。
本記事では「魅力とは何か」について私が体験したことを、前回記事よりも濃密にお話しさせていただきました。本イベントの内容も、同様に非常に濃密だったため、この1回の記事では語りつくすことが出来ませんでした。
第2話にもご期待ください!


そして。本プロジェクトで一貫して語られている「あなたがまだ気づいていない、内在する魅力を外見に引き出す」というメッセージ。実は本プロジェクトには、この根源となる、さらに深いメッセージが、存在します。第2話ではそれをお伝えしていきます。

第2話からも、きっと皆さん一人ひとりにとっての生きるヒントが、見つかるはずです。


(次回予告)
「ファッションだけじゃないんです。人間の在り方も、私たちは伝えています。」

 

『第3回ひきこもりトータルビューティープロジェクト』のご案内

『第3回ひきこもりトータルビューティープロジェクト』

【日時】
・3月20日 火曜日
 ・アブニールヘアサロンオープン 10時 〜 18時
 ・乃浬子’s スタイリングレッスン 13時 ~ 18時

【場所】
・美容室 アブニール我孫子店 今回も貸し切り
我孫子駅南口から徒歩1分)
 http://www.avenir.bz/shop03.php

【お申込み・イベントWebページ】
・下記webページにて参加をお申込みいただけます。

www.facebook.com

【参加費】
・2000円

【その他】
・気になっている衣類や小物、ヘア用品などお持ちいただくと、使い方、着こなし術を伝授いたします。より多くの新しい魅力に気づくかもしれません!
・定員に達した場合は先着順にご案内させていただきますので、ご了承ください。

 

______________________________________________________________________

 

本記事内の画像等の無断転載はご遠慮ください。
(写真提供、記事協力:ひきこもりトータルビューティープロジェクト、アブニール我孫子店)
(画像は『写真AC http://www.photo-ac.com/』のものを使用させていただきました)

(文責:Longrow)