ひきポス -ひきこもりとは何か。当事者達の声を発信-

『ひきポス』は、ひきこもり当事者、経験者の声を発信する情報発信メディア。ひきこもりや、生きづらさ問題を当事者目線で取り上げます。当事者、経験者、ご家族、支援者の方々へ、生きるヒントになるような記事をお届けしていきます。

原因論 自分のひきこもりや不登校の〈原因〉がようやく説明できるようになったので聞いてほしい

当事者の喜久井ヤシンさんは、ひきこもりや不登校になった「原因」がはっきりせず、人にどう説明するかをずっと悩んできました。しかし最近になってようやく「原因」がわかるようになったといいます。今回は、特に親御さんと支援者に聞いてもらいたい「原因」論をお届けします。 

f:id:kikui_y:20191122222755j:plain

(文・写真 喜久井ヤシン)

 

一滴の水で容器が溢れるときには、いつもその一滴以上のものが流れ出る

(ジンメル)

 

 学校に行かなくなった原因や、引きこもるようになった原因として、「いじめ」とか、「就職での失敗」とか、一つの理由が大きく語られることがある。

けれど私自身が「不登校」や「ひきこもり」を経験し、考えてきたなかで、そのようなわかりやすい説明は、どうにもあてはまらないように感じる。

 

これを読む人は、ほんの十五秒ほどだけでもいいので考えてほしい。

「学校に行った理由」を、一つの言葉で説明できるだろうか。

そして「働いている理由」を、一つだけの言葉にまとめられるだろうか。

 

・・・・・・。

 

さまざまな要因はあるだろう。

けれどたとえば、「学校に行った理由」が「友達がいたから」だったとする。
友達によって学校に行きやすかった、ということはあるかもしれない。けれど、友達がいなければ、まったく学校に行かなかっただろうか。入学式のときは知らない人ばかりだったはずだけれど、それでも学校に行ったのはなぜだったのだろう。

 

また、「会社に行く理由」が「お金のため」だったとする。
それだけが理由なら、内容がきつくても賃金の良い職を選んだとか、賃上げの交渉をしているとか、お金を必死に求めている人なのだろうか。もしも大金持ちになったなら、仕事はまったくしないということになるが、お金以外に働くことの意味はないのだろうか。

 

おそらく、それらの理由=原因は、多くの人を深く納得させるものにはならないように思う。
人の状態は複雑で、多くの物事から成りたっている。
にもかかわらず、「ひきこもり」や「不登校」には、一言で説明できる「原因」があるように思われてしまっている。

 

望ましくない状態にさせる要因は、「大きな悪いことが一つあった」ことだとは限らない。
さらに言うなら、「小さな悪いことがたくさんあった」ということでもなく、「悪いこと」でさえない場合がある。

 

今回は、私にとっての「原因」がどのようなものであるかを説明しようと思う。

 

 遠回りをして語る必要がある。大きな事件を引き合いに出すと、1986年、NASAのスペースシャトル「チャレンジャー号」が、宇宙への発射後に爆発、空中分解を起こすという事故があった。乗組員全員が死亡し、その後の宇宙計画に影響を与えた惨事だ。事故の調査委員会は、当初エンジニアのミスや、マネジメントの怠慢だと発表した。しかし関係者が長い時間をかけて要因を調べていくと、それだけでは説明できないことがわかった。

 

ある学者は、この事故において『NASAでは、批判されるような意思決定は基本的には行われなかった。むしろ、一見無害な意思決定が連続して行われ、それらが積み重なることで破滅的な結果を招いたのだ』という。

点検時のわずかな見落としや、計器のささいな誤作動、連絡時のちょっとした言い落としなど、取るに足らない小さなことがいくつもあり、それが重大な結果につながってしまったという。

誰かの判断ミスや、業務上の怠慢があったのではない。学者によるとこの事故は、『NASAの関係者が本来為すべきことを為したゆえに発生した』ものだったという。

 

 社会学者のチャールズ・ペローは、このような例を「〈通常〉の事故(ノーマル・アクシデント)」といっている。
「〈通常〉の事故」は、『通常の稼働の範囲内で起こることが予測される事故』という意味だ。
悪い結果を生み出したとしても、特定の誰かや何かにトラブルがあったとは限らない。人やシステムの〈通常〉の動きの範囲内での、ささいな事例の重なりが、重大な結果を引き起こしてしまうことがあるという。

ペローは、『現代のシステムは数千数万もの要素によって成り立っており、そのすべてが予期しえない方法で影響しあっている』という。
NASAの場合、備品管理や点検時などにおいて、「容認しえるリスク」の項目を作成していた。しかしその分量は本6冊分にのぼるもので、すべてを完璧にこなすことは不可能だ。

 

大きな惨事において、特定の原因をあげられないことは多いらしい。
昨年の、インドネシアでのボーイング機の墜落事故も同様だった。同国の安全委員会の調査結果は、事故は機体システムの欠陥や整備不良など、「9つの要因」が重なって起きたと結論づけている。その内の一つでも生じていなかったなら、事件は防げたかもしれない。

 

事故の遺族にとっては、はっきりした原因がないというのは辛いだろう。ハリウッド映画のように、主人公がわかりやすい悪者を倒してハッピーエンド、というのであれば、まだ胸のすく思いがする。
だが、現実の事件の多くはそのように片付かない。

 

 「ひきこもり」や「不登校」の原因でも、目に見える「犯人」がいれば、気の持ち方が変わりうる。
しかし私の実感からすると、自分の「ひきこもり」も「不登校」も、そのようなものではなかった。

 

私は教師によって傷つけられたことがあるが、それは「生徒に厳しく接しよう」という、教師としての〈通常〉の業務をしていたといいえる。私は親から傷つく言葉を言われたことがあるが、それは「ひきこもり」の子を持つ親として、「子どもを『ふつう』にさせよう」とする〈通常〉の親心であったといいえる。

さらにいうなら、子どもをしつけ、良い社会人にしようとする教師や親は、教育のシステムからの影響を受けている。そのようなシステムは、歴史的な教育のあり方としては、〈通常〉の範囲内だといえてしまう。

 

しかしそのような〈通常〉の積み重ねが、結果として私をひどくおびやかした。
私は〈通常〉の教育のあり方や、〈通常〉の接し方をした教師、〈通常〉の考え方をした親によって、ひどく苦しんできた。
そのため特定の誰かを犯人にする責め方が、私にはできない。

 

細かくいうなら、私が望ましくない結果になった原因は、「いくつもの悪い物事が、複雑にからみあった」せいでもなかった。
「複雑」でもなく、「からみあった」ものでもない。
「〈通常〉の出来事が、たくさん、バラバラにあった」うえで、それが連続し、苦しい状態を引き起こした。

私にとっての「原因」は、ここまできてようやく、自分にとって納得のいくものになる。

しかしこの長い説明は伝わりづらく、人を納得させるのが難しいものだ。私は今後も、人から「原因」を聞かれたときには、答えがたい苦渋な間を味わうことになるだろう。

 

 大きな「原因」がなくとも、望ましくない現状に対する手立てがないわけではない。たくさんのバラバラにある〈通常〉の物事を、少しづつ検討して、変えていくことはできる。
〈通常〉の学校であれば、メリットの少ない校則や、圧力的な教師の言動など、子供を窮屈にさせている一つ一つのものを減らしていけばいい。
子どもを心配する親の、〈通常〉の考え方も、「不登校でも大丈夫」、「ひきこもりでも何とかなる」と、〈通常〉の幅をひろげることに効果があるだろう。考え方が「悪」だと否定するのではなく、今とは別の、もう一つの〈通常〉のあり方もありうることを広めていけたらいい。
たくさんある「生きづらさ」の要因を減らしていき、世の中と自分にとって、問題化する確率を落としていくことはできるように思う。

 

もしも「ひきこもり」や「不登校」に対して、何らかのサポートになることをしようという人がいるなら、大きな悪を打ち倒すようなヒーローにならなくていい。
ちょっとした物の考え方やささいなふるまいが、当事者を楽にさせるものであれば、それだけで私のようなものの「生きづらさ」を、ほんの少しずつ軽減させてくれる。
哲学者のパスカルにも、『わずかのことがわれわれを悲しませるので、わずかのことがわれわれを慰める』という言葉がある。
何かが「悪い」からと否定するのではなく、何かの〈通常〉のあり方を多様にさせてくれたなら、それはとても助かることだ。 

私を生きづらくさせている原因は、〈通常〉の人たちの、〈通常〉の日々にかかっている。

 

 

   参照
『マルコム・グラッドウェル THE NEW YORKER 傑作選2 失敗の技術』勝間和代訳 講談社 2010年

 

※※※※※※※※※※※※※※※

 執筆者 喜久井ヤシン(きくい やしん)
1987年東京生まれ。8歳頃から学校へ行かなくなり、中学の3年間は同世代との交流なく過ごした。20代半ばまで、断続的な「ひきこもり」状態を経験している。2015年シューレ大学修了。『ひきポス』では当事者手記の他に、カルチャー関連の記事も執筆している。ツイッター 喜久井ヤシン (@ShinyaKikui) | Twitter 

 

 

    オススメ記事 (カテゴリー 不登校 から)

www.hikipos.info
www.hikipos.info