ひきポス -ひきこもりとは何か。当事者達の声を発信-

『ひきポス』は、ひきこもり当事者、経験者の声を発信する情報発信メディア。ひきこもりや、生きづらさ問題を当事者目線で取り上げます。当事者、経験者、ご家族、支援者の方々へ、生きるヒントになるような記事をお届けしていきます。

NHKハートネットTV

【お知らせ】本日(8月20日)20時からNHK Eテレ「ハートネットTV」でひきポスが取り上げられます。

ちょうど一年前、2018年8月23日にNHK Eテレの「ハートネットTV」で私たちひきポスの特集がありました。それが増補改訂され、本日2019年8月20日の放送となります。そのご案内。

【NHKハートネットTV朗読記事】「ガッコウに行け」のルールに全員が縛られた

NHK 「ハートネットTV」において作者本人によって朗読された喜久井ヤシンの話題作。ガッコウへ行く、行かない、の二つしか選択肢がなく、その中で将棋の千日手のようにひきこもる。別に家にいたかったわけでもないのに、なぜひきこもったのかを語る。

【NHKハートネットTV朗読記事】人とつながる最初の一歩「銀の匙をもて」 ひきポス2号「こうして人とつながった」より

(文・さとう学) www.hikipos.info www.hikipos.info ある日、新世界のとびらを開いた。 きっかけは兄からもらったおさがりのVAIO。そこから世界は広がったんだ。当時のネット世界は今よりもアングラ臭が漂っていたけれどそれがまた心地よかった。戦後まもな…

NHK「ハートネットTV」朗読記事:ひきこもり放浪記 第3回『バブル時代』経済的活況に追い詰められて

朝から高級デパートに行列を作り、そこでお買い物できるお金を財布に持っておくために、人々はシャカリキになって稼いでいた。そういう状態が「私は仕事してる」なのであった。そんなバブル経済の恩恵にまったく浴さなかったバブル世代がここに一人いる。