ひきポス -ひきこもりとは何か。当事者達の声を発信-

『ひきポス』は、ひきこもり当事者、経験者の声を発信する情報発信メディア。ひきこもりや、生きづらさ問題を当事者目線で取り上げます。当事者、経験者、ご家族、支援者の方々へ、生きるヒントになるような記事をお届けしていきます。

インタビュー

そんな支援をされるくらいなら死を選ぶ。:四十代女性ひきこもり当事者、瀬戸さんインタビュー第3回

ただ自分が擦り切れていくだけの状況から逃げたい。努力するとしたら、努力するために、さらに擦り切れなきゃいけない。自分がやりたいことをやってるわけじゃないから。

ひきこもり界隈が戦場と化さないために:台湾の映像作家 盧德昕との対話 第5回

人は誰しも、意識的に、あるいは無意識的に、どのように生きるかをたくさんの選択肢の中から採用している。ひきこもりもその一つである。……台湾の映像作家、盧德昕との対話、最終回。

Hikikomori's Way Of Being: What Taiwanese Film Maker, Lu Te-Hsing Finds in Hikikomori : Round 5

If you are a hikikomori today, is that the best way for you to be? From the experience of reclusing himself for 30 years, Japanese hikikomori Vosot Ikeida talks with Taiwanese filmmaker Lu Te-Hsing.

「繭居族的處世之道」 台灣影像工作者盧德昕與日本繭居族VOSOT池井多的對話 第五部份

如果你是繭居族,你該怎麼看待自己的狀況?從繭居三十年的經驗出發,日本繭居族VOSOT池井多與台灣影像工作者盧德昕的對談。

他人のいい所、世の中のキラキラした所がみんな痛いんです。:四十代女性ひきこもり当事者、瀬戸さんインタビュー 第2回

外に出た時にいろいろな物が目に入ると、痛いんですよ。キラキラした場所や他人の表現、才能がすべて痛いんです。自分への攻撃に感じるというか。……

南米アルゼンチンのひきこもり マルコ・アントニオ 第1回「ぼくみたいなひきこもりは、まだこの国に何千人もいるだろう」

今まで発展途上国にはひきこもりはいないかのように言われてきた。ところがアルゼンチンからGHO世界ひきこもり機構に当事者申請があった。さっそく私はお話を聞いてみることにしたのだ。

Interview with the Argentinian Hikikomori, Marco Antonio : Round 1, "Thousands of Hikikomori would be in Spanish Speaking Countries"

The people at the outside are arrogant. They consider themselves to be the best at everything without any actual proof. In such a country, if you fail at something, you will be despised as a loser forever. They will keep on saying horrible…

Entrevue avec l'Hikikomori Argentin, Marco Antonio: Round 1, "Des milliers de Hikikomori seraient dans les pays hispanophones"

Les gens à l'extérieur sont arrogants. Ils se considèrent comme les meilleurs en tout sans aucune preuve réelle. Dans un tel pays, si vous échouez à quelque chose, vous serez méprisé en tant que perdant pour toujours. Ils continueront à vo…

Entrevista con el argentino Hikikomori, Marco Antonio: Ronda 1. "Miles de Hikikomori Estarían en Países de Habla Hispana"

La gente en el exterior es arrogante. Se consideran los mejores en todo sin ninguna prueba real. En un país así, si fracasas en algo, serás despreciado como un perdedor para siempre. Seguirán diciendo cosas horribles para ti.

科学技術の発達とひきこもりの増加:台湾の映像作家 盧德昕との対話 第4回

AIが発達して、人間が労働しなくてよくなる未来。ベーシック・インカムが全員に支給されて、働かなくてもいい社会。そういうものが実現すれば、「ひきこもり問題は解決した」とはたして言えるのか。

Technology vs Hikikomori : What Taiwanese Film Maker, Lu Te-Hsing Finds In Hikikomori : Round 4

From virtual reality to universal basic income, is technology a new exit or poison for hikikomori? Speculating the near future, Taiwanese filmmaker talks about the influence of technology with Japanese hikikomori Vosot Ikeida.

「科技與繭居族的關係?」台灣影像工作者盧德昕與日本繭居族VOSOT池井多的對話 第四部份

從虛擬實境科技到全球基本薪資,科技會成為繭居族的毒藥還是出路?從未來的想像出發,台灣影像工作者盧德昕與日本繭居族VOSOT池井多的對談。

真夏でもお風呂に入れない極鬱ひきこもりの体臭をどうする? 四十代女性ひきこもり当事者、瀬戸さんインタビュー 第1回

酷暑の夏。うつで動けない人にとっては思わぬ落とし穴がある。お風呂に入れない。体臭。自分が臭いと思っただけで、よけい外へ出ていけなくなり、ひきこもる……

台湾の映像作家 盧德昕との対話 第3回「ひきこもりとお金」

「ひきこもり」とは何かを語ることはその補集合である「ひきこもりでない人」とは何かを語ることである。働かないひきこもりとお金の関係など、あまり触れられない部分に台湾の映像作家、盧德昕が鋭く迫る!

The Stereotype of Hikikomori? What Taiwanese Film Maker, Lu Te-Hsing Finds in Hikikomori Round 3

Are hikikomoris all lazy, not working, and playing games all day long? Seeing through the lens of social stigma, Taiwanese filmmaker talks about the stereotype of hikikomori with Japanese hikikomori Vosot Ikeida.

台灣影像工作者盧德昕與日本的繭居族VOSOT池井多的對話 第三部份「繭居族的刻板印象?」

繭居族都很懶惰,不事生產,整天上網打電動?有沒有不打電動的繭居族?從社會上的偏見出發, 台灣影像工作者盧德昕與日本繭居族VOSOT池井多的對談。

台湾の映像作家 盧德昕との対話 第2回「ひきこもりが望む社会とは」

アメリカ社会においてさまざまなマイノリティが市民的な平等権を勝ち取ってきたように、やがてひきこもりも「ふつうの人たち」と対等な立場を社会的に獲得できるのか。……アメリカに在住するアジア人らしい観点から盧德昕監督がぼそっと池井多に問う。

Equalization of Hikikomori : What Taiwanese Film-maker Lu Te-Hsing Finds in Hikikomori, Round 2

As some groups of the minority have been on the path of fighting discrimination and equal rights in the United States, will hikikomori eventually acquire an equal position socially with "ordinary people"? From the perspective of an Asian l…

台灣影像工作者盧德昕與日本的繭居族VOSOT池井多的對話 第二部份「繭居族的平權」

由於少數族群在美國社會中逐步邁向平權的道路,繭居族最終是否與“普通人”一樣,可以在社會上獲得平等的地位? 從居住旅居美國的亞洲人角度來討論,台灣影像工作者盧德昕與日本繭居族VOSOT池井多的對談。

フランスのひきこもりの親・家族はどうしてる? :フランスのひきこもり当事者ギードとの対話 第5回

2018年1月に名古屋で起こったひきこもりの息子絞殺事件を皮切りに、日本とフランスで、ひきこもりをめぐる親子の関係を語ってみた。

Parents, famille. Comment Font-Ils pour Hikikomori en France?:Entrevue Avec Hikikomori Français, Guido. Round 5

Janvier 2018 au Japon, un père a étranglé son fils de 25 ans à mort. "J'étais inquiet pour son avenir". Que s'est caché derrière une relation entre hikikomori et ses parents? Comparaison les cas entre en France et au Japon.

Parents, Family. What They Do with Hikikomori in France? : Interview With French Hikikomori, Guido. Round 5

January 2018 in Japan, a father strangled his 25-year-old son to death. "I was worried about his future". What is hidden behind a relationship between hikikomori and parents? Comparison with the cases in France and Japan.

台湾の映像制作者 盧德昕との対話 第1回「ひきこもりとは何か」

台湾の映像作家、盧德昕(ル・テシン)は、日本のひきこもりの話を記事で読み、いたく心を揺さぶられた。彼はそれを基に映画を作り始めた。ひきこもりについて、アジア社会全体を包括する見地から、ぼそっと池井多と対談する。

Last Choice : What Taiwanese Film Maker, Lu Te-Hsing Finds In Hikikomori Round 1

Taiwanese film maker Lu Te-Hsing read an article about hikikomori and got impressed deeply. He came over to Japan and talked with Vosot Ikeida to discuss what a hikikomori is.

台灣影像工作者盧德昕與日本的繭居族VOSOT池井多的對話 第一部份「什麼是繭居族?」

來自台灣的影像工作者盧德昕,在一篇文章中讀到了關於日本繭居族的故事,深受感動。 他進而決定根據該故事製作影片。 以亞洲社會對於繭居族的觀點出發,他將會和VOSOT池井多繼進行一系列對話。

ひきこもりと精神医療、生き抜くための財源。「いま」と「これから」 - フランスの女性ひきこもり当事者テルリエンヌとの対話 第5回(最終回)

人は、矛盾を生きる動物である。ひきこもりは、その部分を拡大して生きている人間かもしれない。……ふつうの生活。恋愛。結婚。新しい家族を作ること。新しい家。さまざまな世間的な夢と希望を抱きながら、彼女は今日も部屋にひきこもる。

Psychiatric and Financial Reality, Now and Future : Interview with a French Female Hikikomori, Tellurinenne, Round 5

A human lives contradictions. A hikikomori may be the person who enlarged that part. A normal life, new house, family, job... conceiving a lot of ideas and dreams, she spends all her today again in her room.

Réalité Psychiatrique et Financière, Maintenant et Futur Entrevue Avec une Hikikomorie Française; Tellurienne, Round 5

Un humain vit des contradictions. Un hikikomori peut être la personne qui a agrandi cette partie. Une vie normale, une nouvelle maison, une famille, un travail ... en concevant beaucoup d'idées et de rêves, elle passe toute sa journée enco…

なぜ彼女は軍隊に入ったのか?! フランスの女性ひきこもり当事者テルリエンヌとの対話 第4回

部屋から出られない臆病なひきこもりであった彼女は、しかし、ひきこもりを脱したくて仕方がなかった。そこで、人の勧めるままに軍隊へ入隊することを試みる。すると……

Why She Wanted to Enter the Army? Interview with a French Female Hikikomori, Tellurinenne, Round 4

She was a timid hikikomori who could never go out of her room, but she wanted to get out of being a hikikomori. Her choice was to try her chance by entering the army...